モクレン

40代半ば☆もがきながらも自分と向き合う☆目指すは穏やかで楽しい暮らし

苦手な歯医者さんへ行ってきました

以前の記事にも書いたのですが、私は歯医者が苦手。

 

www.mokuren333.com

 

そんな私が歯医者に行ってきました。

 

実はもう2ヶ月くらい前から行かなくちゃと思っていたのですがなかなか踏ん切りがつかず。

もっというと1年くらい前から行かなくちゃとは思っていたのですが、「行かなくちゃ!」と思うとそのことばかり考えてしまってしんどくなるので時々忘れて…を繰り返しているうちにかなりの月日が流れてしまいました。

 

そして2ヶ月前くらいからもうそろそろほんとに行かないと!日にち決めよう!と思い始めて覚悟を決めるまでにまた時間がかかって…。毎回歯医者に行くとなるとこんな感じなので非常に疲れます😔

 

いつもは予約するとドキドキしてしまうので、自分の体調が今だ!という時に突発で行ってたのですが、今回はコロナのこともあるし突発は良くないかな…と思いちゃんと予約しました。

 

あ、ちなみに今回行った歯医者さんはあのトラウマの歯医者さんではなく、その後人づてに聞いた歯医者さんでもう何回か行ってるとこです。

 

先生も優しくて治療も全然痛くないんだけど、私が勝手に緊張してしまうのと、口の中の不快感に敏感でオエッてなるのが怖かったり、多分一般的に言われている「歯医者が苦手」という概念とはまた違う意味の苦手かもしれません。

 

でも!昨日この歯医者さんに行って、ほんとに涙が出るほど嬉しかったので、もし私のような理由で歯医者さん苦手な人がいたら共有したいと思いました✨

 

f:id:mikinolia33:20200725121422j:plain

 

不安なことを伝える

まず受付で問診票書きますよね。トラウマの記事でも書いたように、その時の備考欄のようなところに「自分は不安感が大きいので不安にならないようにしてほしい」と、私は書きます。

書いたことによって失敗もしましたが、今の歯医者さんに変えてからは書いてて良かった!と思えたので毎回書いています。(ずっと同じ歯医者さんだけど定期的に行ってないので何度か問診票書いてます)

 

こうやって書くことによって、わざわざ書くほど苦手なんだなぁということが伝わると思うので、それだけでもこちらも安心できますし、先生やスタッフさんも気にかけて治療を進めてくれるように思います。

 

苦手な部分をその都度伝えてみる

 そして実は、昔はそうでもなかったのにレントゲン室が怖くて(閉じ込められる感と機械の前に立つと逃れられない感)前回行ったときはレントゲン撮れなかったんです💧

で、受付の方が「今回もやめておきますか?」と聞いてくださって、でも今回は怖いけど、レントゲン撮ってちゃんと診てもらいたいという気持ちもあったので、その気持ちを伝えてみると、「じゃあやってみましょうか?もししんどくなったらいつでも止めていいですからね。」と。そのやり取りの時の受付の方が優しくて涙目の私。

 

撮影が始まったら止めることはできないらしいけど、撮影時間は10秒ほど。なので、実際1人きりで小部屋にいないといけないのは多分20秒ほど。そのくらいならいけるか!と思ったり、その20秒耐えられなかったらどうしよう…という不安な気持ちもあったり。そしてX線浴びせられる!という変な不安感。情けないけどしょうがない。

 

そしてレントゲン室へ。歯科衛生士さんが準備を進めてくれます。「しんどくなったらいつでも言うて下さいね」と言いながら。

そして準備が整いあとは撮影のみ、となったとき私の顔がよほど緊張していたのでしょう、「私もここにいましょうか?」と。「え!?いいんですか?」と私。ちょっと先生に聞いてきますね、と扉を開けたまま先生に聞きに行ってくれ、「私もここにいますから、大丈夫ですよ😊」と端っこにいて下さったんです。私、子どもか!いや、子どもでも1人でできるわ!と自分でツッコミますが、本当にありがたかったのです😭

 

そして実際治療が始まっても私の苦手部門は続々と…💦

 

麻酔が苦手

麻酔の注射自体は表面麻酔をしてくれてほとんど(全然といってもいいくらい)痛くないので大丈夫なのですが、麻酔液(であってるのかな?)が喉に流れこんでくる感じが怖いんです。

オエッてなるのもそうだし、前にちょっと喉に流れたのか喉のあたりも麻酔感があって息が詰まる感じになったのが気持ち悪くて。実際はもちろん呼吸できるんですけどね。

そして、あの麻酔液を飲み込んでしまって大丈夫なの??という不安もあり…

 

今回はちょっと口の中に流れた時に先生にこれ飲んでしまって大丈夫?と聞くと「大丈夫ですよ」と言ってたので少し安心。でもオエッてなるのが気持ち悪いので途中で口をゆすぐ時間をもらいながらやってもらいました。

 

型取りが苦手

型を取るのもオエッてなりそうで苦手。先生は「あとは型取ったら終わりですからね~」と辛いとこはもう終わり!頑張りましたね^^という感じだったのですが、「私、型取りも苦手なんです…」と告白😅

すると先生が「そっか、型取りも苦手ですか…じゃあ小さい方でしましょう」と、持ってきたやつ、小さくてこれ?な感じでしたが(笑)、オエッてなることなくできました。

 

そして、型取り苦手な方は待ち時間を座った状態にしてもらった方が楽だと思います。

寝たままだと固まる前の型取りの粘土みたいなやつがちょっと喉に垂れてくる感があるんですよね。実際はすぐ固まるから流れ落ちたりしないと思いますが。

今回も型をセットしてすぐ起こしてくれると思いきや、起こしてくれなかったので「ん!おんんん!(起きたい!)」と発すると「あ!起こした方がいいね!」とすぐ起こしてくれました。伝わったことに感動でした^^

 

こんな感じで今回は、勇気を出してできるだけ恥を捨て、迷惑かもしれない…という思いを封印し、不安なことをその都度伝えてみました。

途中でお水(飲む用の)を持ってきてくれたり、「口ゆすぎますか?」と聞かれて、あまり中断ばかりじゃいけないと思って返事を躊躇した私に「ゆすぎましょうか^^遠慮しなくていいんですよ!」と言って下さったり。

先生もいつものペースで進められなくて大変だったと思いますが、私のペースに合わせて不安のない治療をしてくれたので感謝です。

 

そして最後、お会計の時に受付の方が「大丈夫でしたか?」と声を掛けて下さり、それもとても嬉しかったです。

まだしばらく歯医者通いが続くことになりますが、以前より緊張感なく行けそうな気がします。

 

こうやって書くと、こんなにも歯医者さんが苦手な人っているのだろうか…とも思えますが、もし同じような方がいましたら、こんな風に不安を伝えることで安心して治療が受けられるんじゃないかなと思います。

 

先生やスタッフさんの雰囲気によっても言える言えないがあるかと思いますので、言いにくい雰囲気だったり、言ったものの納得いかない対応だったり…なら、歯医者を変えるのも手かもしれません。